水中トレーニングにより、 姿勢筋(坑重力筋)の使い方を覚え、体のゆがみを自分で改善することが出来ます。

水中運動

水中では、 人それぞれの筋力にたいして無理のない運動となりますので、安全かつ効果的な運動であることが、水中運動の特性です。

日常生活を楽しく、 かつ、美しい姿勢や歩き方ができるように、どの筋肉を使えばいいのかを理解しながら、 トレーニングしてください。

その次のステップに進むことだって、夢ではないのです。

水の効果

水の中にいるだけでも、これだけの効果があるのですから!!

お水の力は、私たちの心も体も、健康にしてくれるんですよね。

ただ、水の中にいるだけでもね。

水の効果のご紹介です。

★ 水流で筋肉がマッサージされ、リラックスできます。

★ 水の浮力のおかげで、陸上よりも楽に体が支えられます。

★ プールの低い水温で体温が下がり、体温を保とうとして、エネルギーが使われます。

★ 水圧で血管がほぐれ、血液の流れを良くします。

身体のバランス

スポーツトレーナーは、人の歩く姿を見れば、その身体の健康状態が分かるといいます。

それはなぜでしょうか?そして、健康を維持するために一番大事なことはなんでしょうか?

健康を維持するために必要なこと、それは、身体のバランスです。

ですから、バランスよく美しくスマートに歩ければ、柔軟性があり、体が健康だと分かるのですよね。

姿勢の悪い方の身体の特徴は、次回にさせていただきますが、良い姿勢を保ちつつ、美しく歩くためには、柔軟な関節とそれを支える筋肉が必要です。

そのための水中運動に必要なウオーミングアップは、身体を動かしながら行うストレッチです。

ストレッチと筋肉強化

なぜなら、静的なストレッチは水中の場合、体が冷えるほかに、冷えることで呼吸が浅くなり、気持ちよいストレッチができなくなるおそれがあるからです。

呼吸を止めないようゆったりと身体を動かしながら、各関節や筋肉が伸ばされていることを意識してください。

水中で、体を揺らしながらストレッチ、いい気持ちです。

ところで、身体の柔軟性は肉体年齢の差につながりますので、年齢とともに、身体の柔軟性を保つ心がけが欠かせません。

しかしながら、体は柔軟であるだけではなく、 筋肉もきちんと確保しなければなりません。

筋肉強化されると、身体の柔軟性も増し、基礎代謝量も増えますので、身体の柔軟性を保ちながら、筋肉の衰えを防ぐ。これが健康の源ともいえるのではないでしょうか?

 このページの先頭へ ・ 戻る ・ 続く