水中運動は、自律神経を活発にするためにもお勧めです。

自律神経のゆらぎ

自律神経は、常に揺らいでいるのです。

朝は交感神経、夜は副交感神経で、それぞれのゆらぎ方が弱くなってくると、病気にかかりやすくなります。

例えば、毎日毎日、ストレスにさらされていると、交感神経が優位になりますよね、そうなると、風邪、便秘、ニキビができやすくなる、等の症状が出てくるのです。

実は花粉症!!これも交感神経が優位になりすぎていたのが、あるとき突然に副交感が優位になるなど、自律神経が乱れが原因となって、引き起こされる症状とも言われています。

では、子供はどうでしょうか?

夜寝ようとすると、喘息が起き、昼間何か嫌なことがあったり、頑張ろうとすると、アトピーなど発症していませんか?

喘息とアトピーを両方とも持っている子が多いのも納得ですね。

高齢者になると、今度はなかなか、副交感神経優位になりにくいので、夜眠れなかったり肺炎にかかりやすくなったり…聞いたことありませんか?      

水中運動とゆらぎ

実は、水中運動はこの自律神経のゆらぎを大きくすることで、自立神経を安定させる力も持っているのです。

プールに入った後、凄く眠くなりませんか?またお腹が異常に空きませんか?

冷たい水に入ったり、運動している時は交感神経優位なのですが、出た後はその反射で、副交感神経が優位になりやすいからです。

水中運動の免疫力への働き

またこの白血球は1週間に1回入れ替わるそうです。

であれば、なおさら週1回入るだけでも効果があるというわけです。

このストレス社会の中、プールを活用しない手はありませんよね。

また、子供も同じようにスイミングプールに通うなど、日ごろの免疫力を高める必要もあると思います。

喘息、アトピー(もちろん皮膚の状態によりますが)をお持ちの方にもお勧めです。

高齢者の方は、「死ぬまで元気で3日間でホイ!!」と北海道水中運動協会のスローガンにもあるように、迷惑をかけず、元気な生活を送る為にもプールに入ってみてくださいね。

 

 

 

 このページの先頭へ ・ 戻る