自律神経がどのように白血球に作用するかを説明します。

白血球のコントロール

自律神経は、生命を維持する機能をコントロールしています。

この話は先ほども出ていましたが、 新潟大学医学部教授 安保徹先生は自律神経が白血球のシステムをコントロールしていることを発見しました。

白血球の役割の中で最も知られている働きは、体内に入ってきた細菌などの異物を食べ、身体を防御をしていることです。

この働きを行っているのが、白血球の中の「マクロファージと顆粒球とリンパ球」の働きによります。

交感神経・副交感神経の働き比率の図

交感神経と副交感神経のバランス

交感神経副交感神経の働きがバランスよく働いているときは、上記の図の中をの比率の範囲内で維持されていると、病気に対する抵抗力が安定し、身体は健康な状態に保つことができます。

しかし自律神経はストレスに弱く、ストレスは特に交感神経を緊張させて、顆粒球を過剰に増やし、リンパ球を減少させます。

この過剰増加が、病気を引き寄せ、また悪化させてしまいます。

顆粒球…異物との戦いの後の顆粒球の死骸が、膿となります。

怪我をしたときに傷口が化膿して白っぽい膿がでますよね、これは顆粒球が働いた証拠です

この膿を出す時に出る物質が、活性酸素です。

普段は新陳代謝に必要な活性酸素が、異常に増加すると、粘膜細胞を破壊してしまいます (がん細胞につながる)

 

リンパ球…リンパ球のその名のとおり、免疫力と関係します

ウィルス性の細菌をやっつけるのが、このリンパ球です。

インフルエンザや風疹、など一度なったウィルス性の病気は、2度とかかりにくくなるのもこのリンパ球が、体内にガードを作ってくれるのです。

 

 

 このページの先頭へ ・ 戻る ・ 続く