コンブチャ大百科~Kombucha Encyclopedia~

話題のコンブチャの様々なニュースを大公開!本当に痩せる?購入者の口コミ!実際のダイエット効果の真実をお伝えします!1ヶ月でどのくらい痩せられたのか検証しました!

美容ダイエット情報

生理中は痩せにくい!?高まる食欲を抑える方法とは?一番ダイエットに向いている期間はいつ?

投稿日:

生理が近づくにつれて普段よりも食欲が抑えられなくなることってありませんか?

痩せたいのに痩せられない。

むしろ、太ってしまう。

どうしたら食欲が抑えられるのか気になりますよね。

 

ダイエットを順調に進めるためにも、できるだけ早く手を打ちたいところ。

そこで今回は、生理とダイエットの関係についてご紹介していきます。

せひ、参考にしてみてくださいね。

 

生理前や生理中に体重が増える原因

なぜ生理が近づくにつれて体重が減りずらくなってしまうのでしょうか。

ダイエットをサボっているわけでもないのに不思議ですよね。

原因を調べてみると浮腫みや便秘、体脂肪が増えるといった事が影響していることが分かりました。

また、こういった症状を引き起こすとき体内では、ある女性ホルモンが分泌されているんだそうです。

早速、具体的な内容をみてみましょう。

 

浮腫みやすくなる

女性の身体は、排卵が行われた後に赤ちゃんを授かる準備期間に入ります。

準備をするにあたって十分な水分を体内にため込もうとうする働きが起こり、普段よりも老廃物が排出され難くなるのです。

普段なら対外に出ていく水分が体内に溜まることで、浮腫みが起きやすく体重も増えがちに

 

見た目も浮腫みによって、大きく見えてしまうんです。

ただ、だからといって水分摂取を減らすのはNG

生理が終わると共に、元の状態へと戻っていきますので普段と変わらない生活を維持していきましょう。

 

便秘になりやすくなる

次ご紹介するのは、便秘についてです。

先ほど、赤ちゃんを授かる準備期間に入るとお伝えしましたが、具体的にお伝えすると体内では黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されいます。

別名プロゲステロンとも呼び、受精卵がしっかりと留まれるように子宮を収縮させる働きがあります。

この働きが子宮だけではなく、腸の働きにまで影響を与えてしまうんです。

影響を受けた腸は活動が弱まり、毒素を排出する力が足りなくなります。

 

また、水分を蓄えやすくなるといった要因も影響してきます。

排便をスムーズに行うために必要な水分が足りず、浮腫みに影響を与える部分に溜まりやすくなっているからです。

これらの影響によって、排便が促されず便秘が引き起こされてしまいます。

 

体脂肪が増加しやすくなる

そして最後にご紹介するのが、体脂肪が増えやすくなることについてです。

先ほどお伝えした女性ホルモンには、インスリンが持つ働きを抑え込む力があります。

働きが鈍くなってしまうと、血糖値が正常の数値に保てなくなり乱れやすい状態に。

乱れた血糖値が著しく低下すると、空腹を感じやすくなります

 

特に、甘いものを欲しやすいです。

生理前になんだか甘いものを食べたくなる方も多いのでは?

原因はここからきているんですね。

食欲が抑えられないまま食べていると、普段の摂取カロリーよりも増えて体脂肪が増加しやすくなります。

 

ところが、体脂肪はそう簡単に大きく増加することはありません。

なので、1回の生理が来たところで体重が急激に増えるということはないんです。

ただ、生理前が訪れる度にカロリーオーバーが継続していると、体脂肪は確実に増えます。

くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう!

 

生理前や生理中の食欲を抑える方法

排卵が終わると共に増えてくる食欲。

この食欲は一体どうやって抑えれば良いのでしょうか。

太りやすい時期とは言え、できるだけ太るスピードを遅らせたいですよね。

頭で分かっていても、簡単には抑えられない食欲。

早速、解決策を見ていきましょう。

 

生理前や生理中の食欲を抑える食事方法

食事を行う際には、必ず咀嚼運動を行うようにしましょう。

勢いよく食事を摂取すると、そのぶん体内の血糖値が上がるスピードも速くなります。

さらに、早食いは満腹を得られるまでに時間が掛かります。

普段の食事量でお腹をしかりと満たすためにも、食事は急がずに時間をかけて味わいながら完食しましょう。

 

また、血糖値が急激に上がってしまうのを防ぐためには、食物繊維が豊富な食材から口にいれていきましょう。

食物繊維には、糖質を吸収する働きがあります。

そのため、糖質が体内で吸収さえる時間を緩やかにすることが可能になります。

食物繊維は、野菜に多く含まれていますのでサラダから食べると良いですね。

 

また、温かいスープやみそ汁を添えるのもオススメ。

温かい飲み物にはお腹を満たす効果が期待できます。

単品での摂取は栄養不足に陥りやすくなりますので、食べる順番や食べなど方全体のバランスを保ちながら食事を見直してみましょう。

 

生理前や生理中に食べ過ぎてしまったときの対処法

食事に気を付けていたけど、やはり我慢できなかった…。

そんな後悔をするケースもありますよね。

普段よりも多くの食事を口にしてしまった場合は、調整を行いましょう。

方法は簡単です。

翌日の食事を軽くするだけ

 

栄養不足に陥りやすくなりますので、何も食べないという行為は避けてくださいね。

炭水化物などの糖質が多い食材を一時的に減らすのがオススメです。

その分、別の栄養をたっぷりと補給してください。

ビタミンやタンパク質、鉄分と身体に必要な栄養はたくさんあります。

バランスよく摂取していきましょう。

 

生理中、口にしないほうがいい飲み物、食べ物とは?

生理を迎える頃は、身体を守る準備へと移っている期間なので、普段何気ない事でも意外な反応が起きやすくなります。

そのため、できれば摂取したくない食材や飲み物が存在します。

飲み物であればカフェインの摂取を控えたいですね。

睡魔を撃退する際によく活用される成分ということもあり、神経を刺激し興奮しやすくなります。

イライラしやすく精神面でも不安定な時期に摂取すると、症状を助長させかねません。

カフェインと聞くとコーヒーが真っ先に思い浮かぶと思います。

コーヒー以外にも緑茶など含まれている飲み物は多いので、見逃さないようにしましょうね。

 

食べ物に関しては、ジャンクフードやインスタントなどの塩分が豊富に使用されているものは控えましょう。

ただでさえ、この時期は水分を体内に蓄えやすく浮腫みが起きやすいですよね。

そんな時期に塩分の摂取は、むくみを悪化させる原因に。

意外と見逃しやすいのが、スーパーで売られているお惣菜です。

味が濃いので、注意しましょう。

 

生理中に適した食品はコレ

逆に、適した食べ物には何があるのでしょうか。

食べられない物ばかりを意識していては、ストレスになりかねません。

こんなものが食べられるんだ

とイメージが持てるだけでも、ラクに乗り切れるのではないでしょうか?

早速みていきましょう。

 

ビタミンC

ストレスを抑制するために必要な栄養です。

ビタミンには、自律神経を整えるホルモンを生成するサポート力があります。

精神的に不安定になりやすい方は、積極的に取り入れていきましょう。

主な食材:ロッコリーやゴーヤ、菜の花、キウイフルーツ、いちご、オレンジなど

 

カリウム

カリウムには身体に溜まった水分を外に排出する働きがあります。

水分を蓄えやすい時期には、最適の栄養ですね。

自ら水分の摂取量を減らすのではなく、健康を意識して適した栄養を取り入れることが大切です。

カリウムには、浮腫みを予防する効果が期待できますので、以下の食材を取り入れるように心がけてみましょう。

主な食材:ほうれん草、バナナ、りんご、じゃがいも、里芋など

 

食物繊維

食物繊維には、便秘を解消する力があるということは、皆さんご存知ですよね。

腸の働きを促す効果がありますので、便秘に悩まれている方は以下の食材を取り入れるように意識してみましょう。

また、前半部分でご紹介したように、食物繊維には糖質の吸収を緩やかにする働きもあります。

食事の初めに取り入れることで太り難い状態を作り出すことができますよ。

主な食材:ごぼう、ブロッコリー、オクラ、ひじき、しいたけ、えのきたけなど

 

生理がきている最中は、大量の血液が体外に排出されていきます。

自分で調整することはできないので、食事から血液の元となる成分を摂取しなければなりません。

普段の食事でも、鉄分は不足しやすい栄養素です。

不足すると、身体のだるさを感じやすくなる傾向があります。

他にも貧血を事前に予防するために、以下の食材を取り入れるように心がけましょう。

主な食材:赤身肉、レバー、まぐろ、かつおなど

 

生理前や生理中にダイエットしてもいい?

そもそも、この時期にダイエットを行っても問題ないのでしょうか。

危険なリスクがあるのであれば、早めに切り上げたいものです。

早速しらべてみたところ、無理なダイエットはNGとのこと。

 

生理が来ている最中は、なにかと精神が不安定になりがちですよね。

そんな中、体重の増減を意識しすぎてしまうとストレスに。

この時期は誰もが太りやすい時期なので、体重増減を意識すればするほど悪循環に陥り、損をするばかりです。

生理が終われば各症状も落ち着き、ダイエットの効果も普段通りに得られやすくなりますので焦らずに取り組みましょう。

一番大切なことは、健康的な身体を維持することです。

体調に支障をきたすダイエット方法は、この時期に行うのは控えるようにしてくださいね。

 

生理前や生理中の体重増加は何kgまでOK?

では、もし体重が上手く減量できた場合、どれくらいまでの減量がセーフラインになるのでしょうか。

人によって差が出てきますが、一般的に1~3Kgの範囲が理想です。

これ以上の減量は健康へのリスクが高まるだけではなく、ダイエット後のリバウンドを引き起こしやすいダイエットになりかねません。

体重の落としすぎは、短期間でみるとメリットですが長期間でみるとデメリットにもなりますので注意しましょね。

この時期は、体重よりも健康面や精神面のケアを意識してみてはいかがでしょうか。

 

生理後に体重を戻す方法

生理が終われば体重も減りやすくなるって言っていたのに、全く変わらない!

そんな経験をされる方もいるかもしれません。

生理が終わったのに、なぜ痩せられないのでしょうか。

ここからは、原因や対策について確認していきます。

 

生理後が痩せやすい理由

一般的に生理が終わってから、7日~10日間は痩せ期と言われています。

この時期は、身体のホルモンが分泌が黄体ホルモンから卵胞ホルモンへと変化していきます。

このように変化することによって、体内の環境も変わるんです。

例えば、代謝が上がりやすくなり余分な脂肪が燃えやすくなります。

ダイエット効果をアップさせるためにも、このタイミングで積極的に運動を取り入れることをお勧めします。

 

また、他にも毒素が溜まりにくくなり対外へと排出されやすい状態に。

リンパマッサージを取り入れて、浮腫み解消に力を入れるの良いですね。

このように、さまざまな面から見ても生理が終わったあとはダイエットに適した時期であることが分かります。

 

ダイエットを加速させる代謝が高まる食事とは?

痩せやすいタイミングを効率よく活かすためにも、どんな食生活を意識すればダイエット効果が得られるようになるのでしょうか。

そこで、抑えておきたい食事のポイントをまとめてみました。

 

朝食をしっかり摂る

毎朝しっかりと朝食を食べていますか?

1日の食事の中でも一番初めにエネルギーを補給するために欠かせないのが朝食です。

朝は忙しいという理由から、朝食を抜く方も多いのでは?

便秘がちな人や眠気が取れない方などは、朝食を抜いているのが原因となっている可能性が。

もちろん、脂肪を燃焼するためにもエネルギーが必要です。

大切なエネルギーを補給するためにも、バランスの取れた朝食を摂取するように意識しましょう。

 

タンパク質を積極的に摂る

痩せやすい身体を手に入れるためには、歳を重ねるたびに減少していく代謝を維持していく必要があります。

そのためには筋肉量を増やしていくことが大切です。

効率よく筋肉を育てるためにも、作り出す元となるタンパク質を摂取するように心がけましょう。

また、タンパク質の摂取は筋肉の減少を遅らせる効果も期待できます。

毎日バランスを意識しながら、自分の体重をグラムに換算した量を取り入れるのがオススメです。

例えば、70㎏の女性は70gのタンパク質を摂取するように意識しましょう。

 

老廃物の排出を意識する

太りやすい時期では、老廃物が貯まりやすくなります。

この溜まった老廃物を痩せやすい時期に排出していきましょう。

そのためには、食事の面でもデトックス効果のある食材を取り入れるのがオススメ。

食物繊維が豊富な食材や、発酵食品など排便に必要な栄養は多くの食材が摂取できます。

自分に合った食材から少しずつ始めてみてはいかがですか。

 

生理後に体重が戻らない原因

最後に。

何をしても体重が戻らない原因についてです。

主に2つあります。

1つは体脂肪が蓄積されてしまった場合です。

体脂肪は一度蓄積されると解消するまでに時間がかかります。

運動と食事改善を組み合わせながら、長期的に改善していきましょう。

 

2つ目は老廃物が排出しきれていない場合です。

排便の回数や浮腫み具合はどうですか?

気になる点がある場合は、これまでにご紹介してきた内容を意識して改善していきましょう。

老廃物を排出する栄養素を取り入れることに加えて、リンパマッサージを用いれば相乗効果が得られますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

生理が近くなるにつれて太りやすくなる原因には、浮腫みや便秘、体脂肪の蓄積などが挙げられました。

また、ホルモンバランスによって食欲が抑えられなくなるのも太りやすくなる要因となります。

上手に乗り越えるためにも、食事面での改善を意識するようにしてみましょう。

食べ方や食事をとっている時間を、普段よりも意識することで改善することが可能です。

また、生理後の体重についても貯まった老廃物を促すことを意識してみましょうね。

ぜひ、この機会に生理と上手に向き合いながらストレスの少ないダイエットを行ってみてくださいね。


よく読まれている記事





-美容ダイエット情報

Copyright© コンブチャ大百科~Kombucha Encyclopedia~ , 2019 All Rights Reserved.